読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 Googleは米国時間9月8日、「iOS」版「Googleフォト」アプリをアップデートし、

 Googleは米国時間9月8日、「iOS」版「Googleフォト」アプリをアップデートし、Appleの「Live Photos」の向上につながる新機能を追加した。これにより、「iPhone 6s」と「iPhone 7」のユーザーはLive Photosがよりスムーズになるとともに、ボタンを1回タップすることで共有しやすくなった。 エムシーエムiphone7ケース  Googleが6月にリリースした「Motion Stills」アプリでは、Live Photos撮影時の手ブレを補正し、共有可能なGIFへ変換することができた。今回、これと同じ技術が、iOS版のGoogleフォトアプリにも組み込まれた。 シャネルiphone6ケース  この新技術により、ユーザーはGoogleフォトを使って手ブレのあるLive Photosの修正や、背景の固定、共有可能なループ動画の作成ができる。今回のアップデートには、写真を撮影日時順や最近追加された順に並べ替える機能も含まれる。 シャネルiphone7ケース同社によると、この機能はAndroid版やウェブ版にも近いうちに追加されるという。   この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。 アイフォン7シャネル今回はポートレートモードの説明です。「一眼レフカメラのような背景ボケを」と言いましたが、これはいったいどういうことでしょうか。 ルイヴィトンiphone6ケース iPhone 7 Plusはどうして「一眼レフ風の写真が撮れる」のか 写真:アスキー  iPhone 7/7 Plusの大きな特徴の一つに、カメラが挙げられます。    レンズがより明るくなり(iPhone 6s:F2.2→iPhone 7:F1.8)、そして光学式手ぶれ補正が両モデルで標準搭載になりました(iPhone 6sは非搭載)。 シャネルiphone7ケース    特に7 Plusのカメラには、望遠側のデュアルレンズを使った「ズーム機能」と、一眼レフカメラのような背景ボケを擬似的に実現する「ポートレートモード」(2016年末にソフトウェアアップデートによって提供予定)の2つが大きな特色になっています。    今回はポートレートモードの説明です。 ディオール携帯ケース一眼レフカメラのような背景ボケを……」と言いましたが、これはいったいどういうことでしょうか。    まずざっくり言ってしまうと、背景がボケている写真とは、被写界深度が浅い写真であるといえましょう。 iphone6sケース被写界深度とは、ピントを合わせた部分の前後で、ピントが合っているように見える範囲のこと。被写界深度F値(絞り値)、レンズの焦点距離、撮影距離(被写体とカメラの間の距離)で決まります。 アイフォン7シャネル    つまり、F値が小さい、レンズの焦点距離が長い、被写体との撮影距離が近いほど、被写界深度は浅くなります。    従来のスマホカメラ、あるいはコンパクトカメラなどの場合、撮像素子が小さいため、レンズの焦点距離が短くなります。 アイフォン7シャネルそのため被写界深度があまり浅くならず、ボケが目立ちません。それを見越して、近景から遠景まですべてピントが合って見えるような写真がきれいに撮れるように、最初から設計されていることが多いのです。 シャネルiphone6ケース    逆に、大きな撮像素子を搭載できる一眼レフカメラは、被写界深度の浅い写真が撮影しやすいのです。よって、背景をボカしたポートレートなどには、スマホのカメラやコンデジよりも、一眼レフカメラが向いている……といえるかと思います。 マイケルコースiphone7ケース    ピントを合わせたところはシャープに、それ以外はボケた、一眼レフカメラならではの写真。ポートレートモードは、それを擬似的に再現する機能ということになりますね。 シャネルiphone7ケース    それではiPhone 7 Plusの実力はどうでしょうか?    詳細は実機レビューを読んでほしいのですが、発表会の中では、マシンラーニング(おそらくは深層学習=ディープラーニング技術)で被写体を認識して、後ろの背景をボカすという処理をしているという趣旨の説明をしていたようです。    作例を見ると、人物の輪郭を境に背景だけが美しくボケていることがわかり、期待してしまいます。 シャネルiphone7ケース    一眼レフカメラ風の背景をボカすようなフィルター機能は、一部のAndroidスマートフォンにも搭載されているほか、それ風の加工をしてくれるアプリもありました。しかし、不自然な仕上がりになってしまうものも、少なくなかったように思います。 iphone6sケース    前述の作例のような美しさが、実際のポートレートモードでも見事にあらわれてくれるでしょうか。iPhone 7 Plusを入手したら、ワクワクして待ちたいところですね。 シャネルiphone7ケース   「iPhone 7」の新機能、エンジニアは“どこ”を評価した? iPhone 7とiPhone 7 Plus 5種類(ローズゴールド、ゴールド、シルバー、ダークブラック、ジェットブラック)のカラーバリエーションを用意する  エンジニアの人材派遣を手掛けるメイテックグループの「fabcross for エンジニア」が、設計/開発系エンジニア200人に聞いた「Phone 7」「iPhone 7 Plus」に関する意識調査結果を発表した。 【その他の画像】エンジニアに聞いた、iPhone 7の新機能に関する意識調査結果  米アップルの新型iPhoneは、4.7型ディスプレイのiPhone 7と、5.5型ディスプレイのiPhone 7 Plusで展開。 iPhone6 ルイヴィトン主な特徴は、iPhone 6と比べてプロセッサの処理速度を最大2倍、グラフィックスを最大3倍高速化するという「A10 Fusionチップ」、耐水/防塵(ぼうじん)性能、イヤフォン端子の廃止、非接触ICカード技術「FeliCa」、アップルのモバイル決済サービス「Apple Pay」対応など。5色のカラー、32GB/128GB/256GBのモデルを用意し、日本では2016年9月16日に発売する。 シャネルiphone7ケース  回答者の評価は、「バッテリー動作時間の延長」(約75.5%)が最上位。次いで、「耐水・防塵」(約69.5%)、「FeliCa対応」(約57.5%)の順で高かった。 シャネルiphone7ケースこれまで他のスマートフォンに対するiPhoneの弱点とされていた機能を強化した部分に多くの評価が集まった。  一方のマイナス評価(「あまり評価できない」「まったく評価できない」と回答した割合)の多かった新機能は、「イヤフォン端子の廃止」「新カラーの追加」「256GBモデルの追加」だった。 アイフォン7シャネル